重曹を使った洗い方

| 未分類 |

車の内部に臭いがあるときには、掃除をすると効果的です。友人の家などで臭いを感じ取るように、車の中も臭いも人に気づかれている可能性はあります。梅雨の時期は湿気が多いので、カビや菌が大量に発生します。これらが臭いのもとになっている場合があります。このカビや菌に、とても効果を発揮します。

車の臭いは、布の製品から多く発生しています。まず、前準備として、小さなごみをとるために掃除機をかけます。普通の掃除機で良いのです。車の掃除は、足元のマットも大切ですが、シートもとても重要です。ダニの死骸などがたくさんたまっています。背もたれの間は、ホコリが特に溜まりやすいので念入りにします。
次に、ぞうきんで水拭きをします。このときに、水の中に重曹を入れるのです。ぞうきんは良く絞って、シート部分を拭いていきます。除菌や脱臭の効果があるのです。その効果は、掃除後も持続します。そして、驚くことに臭いだけでなく、汚れも一緒に落とすことができるのです。とくに、油を含んでいる汚れには大変効果的なのです。手軽で、とてもエコなお掃除です。子どもにも安心なのが嬉しいところです。しかし、本革を使っているシートには使用できません。