» 未分類のブログ記事

酸化力のオゾンを活用する方法が、消臭効果として期待され、閉所では特に効果が発揮されます。
オゾン脱臭機は臭いに対して効果を発揮する機械ですし、車用の製品も数多く販売されているので、酸化作用によって臭いの元を断ち切る事が出来ます。
オゾンは大気中を覆う成分で、様々な物質に作用する性質を持ちますが、空気を綺麗にする事が行われていますし、オゾンが存在するので空気は綺麗に保てます。

 

紫外線と共に人に害を及ぼす菌を殺菌しますし、急激に増加する事を抑えられるので、悪臭を発生させる菌や健康被害を発生させる存在に対処出来ます。
不特定多数の乗客が利用するタクシーでは、様々な臭いが入り混じり不快感に繋がるので、オゾンを活用した脱臭が利用され、次の利用客にとって快適な空間を用意されています。
閉め切った空間でオゾンを使う場合は、人が吸い込まない事が利用条件ですから、無人状態で使用する事が推奨され、短時間で脱臭を行う場合は特に健康への影響が懸念されます。
車を無人で停車する場合にオゾンが利用出来ますし、個人で購入する事も可能なので、市販の消臭剤で対処できない臭いについては、オゾンを活かして臭いの元を断つ脱臭機が活躍します。

車の空気と埃に気を配る事が、快適な車内空間を実現します。
家庭用の空気清浄機は一般的に販売されていますし、広い場所に適した強力な製品もありますが、車で使用する場合は大きく、電源の問題もあるので利用は難しいです。

車載用空気清浄機は車向けの商品として開発され、スペースの問題や電源の取り易さが考えられていますから、コンパクトである事が優先されていますし、小さくても車内に対応出来る能力が備わります。
空気を吸い込みフィルターでゴミを除去する事が、空気清浄機の主な機能ですから、フィルターの性能が製品選びの重要なポイントで、より小さい埃や細菌に対しても捕集能力がある事が望まれます。
マイナスイオンを消臭に活用する製品も珍しくはないので、埃の除去以外に消臭機能を求める場合に選べますし、車内では小さな出力でも十分に消臭効果が期待されます。
設置可能スペースを予め調べ、店頭で購入する場合はサイズを基準に選び易く、ネットで購入する時には比較サイトの利用が役だちます。
閉じられた空間の車内は、音も気になる騒音なので、空気清浄機の運転時に発生する音が小さい事も製品選びの目安になりますし、大型ファンを搭載していると低騒音と風量を同時に実現します。

臭いの感じ方は人それぞれで、また、その環境にいると意外と慣れてしまうものなので、人から指摘されて初めて自分の車の臭いに気付く、そんな事あると思います。臭いと一言で言っても、たばこの臭い、体臭、ペットの臭い、エアコンのカビ臭、強烈な臭いの食品、その他諸々です。しかし、その嫌な臭いの元となるのは、たばこ以外のその多くが雑菌臭です。洗濯後の衣類の生乾きの原因のほとんどが細菌・雑菌というのと一緒です。

しかし、洗濯物の場合は漂白剤に浸けたり、もう一度洗ってみる事ができますが、車では話が違ってきます。体臭もペット臭も雑菌が作るニオイ分子が空中を浮遊し、そのニオイ分子が人の鼻の中にはいると、脳がニオイを感知します。ですから、そのニオイ分子を丸ごと包み込んで閉じこめてしまう必要があるのです。この消臭方法でポピュラーなのが、活性炭や竹炭を車内に置いておく方法です。
いわゆる芳香剤は、閉じこめるのではなく不快な臭いを別の香りで分からなくする方法なので、根本的解決にならないばかりか、不快な臭いに別の香りが混ざってしまい、収拾がつかなくなります。その他に手軽で効果的なのは、紫外線の効果で臭いを化学変化させる光触媒スプレーの使用や、空気をオゾンに変化させて消臭するオゾン消臭機などがあります。

消臭スプレーの効果

| 未分類 |

車に効果的な消臭スプレーは様々あります。今話題のものは、光の触媒での消臭です。光の力で化学反応を起こす物質を利用していますです。ウイルスと菌を非常に効率よく除去してくれる優れものです。日光の光だけでなく、LEDや蛍光灯の光に反応するものもあります。夜間は、ウイルスや菌を吸着します。おもに昼間に、この臭いのもとを分解するのです。そして、きれいな空気を保ってくれるのが嬉しいところです。

また、タバコやエアコンの臭いも軽減してくれます。車だけにとどまらず、どんな場所でも使うことができます。食品添加物にも使用されるほど、無害で安全なものなので安心できます。原料の酸化チタンは、白いチョコや歯磨き粉にも使われています。そして、肌に使う日焼け止めや、石鹸、化粧品など、普段使っているものの中に含まれているのです。そのため、子どもにもペットにも優しいものです。
そして、長期間の効果も期待できるのです。光が当たる限りは、作用を繰り返すので半永久的であると考えられています。
家庭用の消臭剤の数倍の効果があるといわれています。何をやっても臭いがとれないと悩んでいる方にはお勧めです。値段も安価で手に入れやすいのです。

車内にこもるエアコンフィルターのカビ臭、タバコの嫌な臭い、ペットの臭いなど気になるイヤな臭いを取り除くにはどんな方法があるでしょうか。芳香剤を置いてみたり、備長炭に頼ってみたりですが、その効果は一長一短です。
さて、今までとは違ったアプローチの仕方で消臭を考えてみたとき候補に挙げられるのが、光触媒スプレーです。

これは、イヤな臭いの元を閉じ込めて消臭するのではなく、光触媒が太陽光などを利用して汚れや臭い、菌などに作用し、分解・除去するという方法です。普通消臭スプレーですと、気になる空間に気になる時に何度もスプレーし、その効果も限定的なことが多いです。しかし、このスプレーはというと、気になる場所、例えば車のシートやダッシュボード、背もたれなどに一度スプレーするだけです。そして、スプレーした場所に光が当たることにより、消臭効果を発揮します。光触媒は消臭が進んでも成分は減らないので、場所にもよりますが、60~90日ほど効果は持続します。注意したいのは、その効果を発揮するまでに少し時間がかかるという点です。この方法は、光に当たることで化学変化を起こすので、効果が出るまでにそれなりの時間が必要なのは仕方がないことです。

自動車の車内の匂い対策に消臭スプレーをしても効果は限定的です。匂いの原因は、タバコ・ペット・加齢臭などありますが、根本的にこれらを解決しないと、直ぐに匂いは車内に充満することになります。フロアマット・エアコンフィルター・ルーフ・シートなどは定期的に洗浄する必要があります。
フロアーマットは取り外し、陰干し用洗濯洗剤で洗ううことが好ましいです。しかし、洗浄後はしっかり乾かす必要があり、生乾きのままではカビを発生させ、車内の悪臭の原因になります。
エアコンフィルターは安価な汎用品もあるので、季節ごとに、最低でも1年に一度は交換したいものです。

ルーフやシートの洗浄は、業者ならスチーム洗浄や取り外して洗浄することも可能性ですが、匂いが発生した度に行うのは大変ですから、掃除機をかけ、タバコのヤニは水溶性のため、洗浄剤を混ぜた濡れたタオルで拭いて、晴れて風がある日にドアや窓を全開にして日干しするのが効果的です。
ダッシュボードやハンドル部分は、アルコール入り洗剤で十分洗浄効果がありますが、ハンドル等ドライバーが触るとこは光沢剤を使うのは滑って危険ですので、使うのはやめましょう。
自宅に屋根付きの車庫があるお宅でしたら、駐車時は常時、少し窓を開けて換気出来る状態にしておくだけで匂いの軽減になります。

業者に依頼するには

| 未分類 |

車の臭いが強くなり清掃が難しい場合は、清掃技術を持つ専門業者に依頼します。
生活臭は自然と環境に染み付き、自宅と同様に車内も臭いが付きますから、消臭を行う事が肝心で、不快感を感じさせない空間を実現します。
体から発生する臭いは鼻が慣れているので、他人が嗅ぐと違和感を感じる事があり、場合によっては短時間でも過ごす事が難しくなります。
染み付いた臭い対策を行うには、消臭する事が基本的な方法ですから、窓を開けて漂う空気を新鮮な物に入替えます。

洗車時には窓を開けられませんから、閉め切った場所で使うオゾン発生装置が役立ち、人が居る場所では利用出来ない事を逆に活かし、一定時間の無人状態で消臭を行います。
それでも取れない臭いについては、プロに臭いの元を除去して貰う事が一番ですから、スチーム洗浄等でシートの奥深くに染み付いた汚れを取り除き、表面的ではないクリーニングで日頃のお手入れ以上に清潔になります。
普段から埃や汚れに対する意識があれば、自然とクリーニンググッズを活用して掃除を行いますし、習慣になればクリーニングが楽しくなりますから、人が発生する臭いと発生させる原因に対処する事が基本です。
臭いを発生させる原因は色々ありますから、一つずつ対処して綺麗にする方法が大切です。

重曹を使った洗い方

| 未分類 |

車の内部に臭いがあるときには、掃除をすると効果的です。友人の家などで臭いを感じ取るように、車の中も臭いも人に気づかれている可能性はあります。梅雨の時期は湿気が多いので、カビや菌が大量に発生します。これらが臭いのもとになっている場合があります。このカビや菌に、とても効果を発揮します。

車の臭いは、布の製品から多く発生しています。まず、前準備として、小さなごみをとるために掃除機をかけます。普通の掃除機で良いのです。車の掃除は、足元のマットも大切ですが、シートもとても重要です。ダニの死骸などがたくさんたまっています。背もたれの間は、ホコリが特に溜まりやすいので念入りにします。
次に、ぞうきんで水拭きをします。このときに、水の中に重曹を入れるのです。ぞうきんは良く絞って、シート部分を拭いていきます。除菌や脱臭の効果があるのです。その効果は、掃除後も持続します。そして、驚くことに臭いだけでなく、汚れも一緒に落とすことができるのです。とくに、油を含んでいる汚れには大変効果的なのです。手軽で、とてもエコなお掃除です。子どもにも安心なのが嬉しいところです。しかし、本革を使っているシートには使用できません。

自動車は外観はキレイに室内は快適にしておきたいです。そのためには洗車をして室内の清掃を行うことです。
面倒ではありますが、定期的に行うことで車はキレイに快適に維持することができます。
洗車をするときに室内まで丹念に掃除をする人はあまりいないかもしれませんが、室内をきれいにするととても快適なのです。
また室内は臭いが気になることもあります。この臭いも洗車時に消臭してしまうといいでしょう。

まず臭いの元になっている部分としてフロアマットがあります。実はフロアマットはとても汚れていることがあります。足元の汚れはほとんどこのフロアマットについています。また雨の日も靴が濡れたまま室内に入るので雑菌が繁殖してしまうことで臭いを発生することにもなります。
フロアマットの臭いは洗浄することである程度取ることはできます。まずガソリンスタンドなどにフロアマット洗浄機があればそこできれいにします。徹底的にきれいにしたい場合はお風呂場など水をためて洗剤を入れ、フロアマットをつけて汚れを浮かして洗います。
次はシートです、シートは臭を消すスプレーなどをかけて、固く絞ったタオルで叩くようにして拭き取ります。室内の屋根部分も臭いがついています、ここにもスプレーをします。これだけでも十分臭いを消すことができます。